冷え性で悩んでいるそこのアナタ必読!便秘薬はオススメを選ぼう

お茶

便の状態にあった薬

便秘には種類がある

悩む女性

通常、便は食物を食べた後に栄養を吸収された残りが排出されます。排出時に食べ物だけに関わらず、内蔵の古くなった細胞や体内の微生物の残骸などをまとめて輩出するため、定期的な排便は健康を維持するのにとても大切です。日本の便秘の定義では、3日以上便が出ないと便秘症と呼ばれているようです。 なぜ便秘を起こしてしまうのかというと、体内の自立神経系のバランスが崩れたときに起こりやすくなります。ストレス社会とよばれる現代では、季節の変わり目やライフイベント、環境の変化において人は多大なストレスを受けています。このストレスが原因となって消化器系の働きがスムーズにいかなくなり便秘が起こると考えられています。辛い便秘にオススメなのが便秘薬です。便秘薬には通常2種類あります。腸の動きを促進するものと、便の水分量を増やすものです。自分の便がどういう状態なのかを観察し、便の状態に合わせて適切な便秘薬を使用すれば、辛い便秘の改善が可能です。

便秘は古来からの病気

便秘薬の歴史は1万年以上前にさかのぼります。そのころから人は便秘に悩まされ、天然の素材から便秘に効果のあるものを使っていました。今でもよく使われるのがアロエとセンナという植物です。この二つは現代でも便秘薬として大変人気があります。中でもオススメなのがセンナです。これは腸の動きを促進させる作用があるため、夏に起こりがちな胃腸の消化不良からくる便秘に効果的です。一般的にセンナはお茶や顆粒の形で販売されていることが多いため、飲みやすいほうを選択しましょう。 また、便が硬く臭いがきつい方にオススメなのがアロエやにがりです。この二つは便の中の水分量を増やす作用があります。またアロエには腸内の善玉菌の働きをサポートする作用もあります。便が硬くて出しにくいという場合にはアロエを選択しましょう。 どちらの便秘薬を使用しても便秘の改善がない場合には、一度病院を受診してみると良いかもしれません。現代では便秘専門の外来を取り扱っている病院もあります。頑固な便秘は一度専門家の意見を聞いてみるのもオススメです。

Copyright©2015 冷え性で悩んでいるそこのアナタ必読!便秘薬はオススメを選ぼう All rights reserved.